オーダーメイド鏡販売のユーアーツ / ゴージャス鏡ブログ

日本古来の鏡「びん鏡」

■日本の鏡の歴史■

オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。
太古の昔、鏡がなかったころ。
人々は池や水たまりを鏡の代用品としていました。

弥生時代や古墳時代には金属や石などを磨いて作った金属鏡や、銅を磨いた銅鏡が古代中国より伝わりました。
その痕跡として日本各地の遺跡からは数多くの銅鏡が発掘されています。
邪馬台国の女王、卑弥呼の鏡は有名です。

平安時代には薄型の鏡が作られるようになりました。
銅鏡の裏に、花や桜などの自然の草木や、鶴や雀や鳳凰などの鳥を刻んだ日本オリジナルともいえる和鏡が生まれました。

日本に眼鏡を伝えたのはポルトガルの宣教師フランシスコ・ザビエルです。
戦国武将が天下統一を目指して戦に明け暮れていた戦国時代の1549年。
火縄銃やキリスト教を伝えるのと同時に眼鏡もザビエルによって日本にもたらされました。

そして、ガラス製の眼鏡と共に伝来したのが「鏡」です。
その後、手先の器用な日本人の手によって江戸時代の、1740年代~1800年代の間位に、泉州堺(堺・岸和田方面)で「びん鏡」と呼ばれる鏡が製造され始めました。
びんとは、鬢毛(びんもう)の「びん」で耳ぎわの髪や、頭髪の左右側面の部分を指し、「びん鏡」は前髪を直す程度の小さな鏡という意味合いです。

江戸時代末期には岸和田藩(現在の大阪府泉佐野市周辺)が藩の事業としての鏡製作に乗り出し、それが鏡の大衆化を加速させました。
明治16年頃よりは銀引済み舶来鏡が輸入され始めました。
「銀引き」とは、素板ガラスに銀膜を吹き付け、上から銅メッキ、保護塗料を塗って自動で大量生産する製造法です。

この製造法の確立により我が国の三大ミラーメーカーでも、大寸法の鏡が大量に製造されるようになっていきました。

鏡は昔から人々の生活を映しだしてきたのですね。

オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)では色々な用途に合わせたオーダーメイド鏡をご用意しております。
オーダーメイド鏡のことならお気軽にお問い合わせください。



創造力をかきたてるオーダーメード鏡

■創造力をかきたてるオーダーメード鏡■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)のスタッフ宮原です。

創造力をかきたてる場所は人それぞれです。
人は誰しもがアーティストです。創造する喜びは人生の貴重な瞬間であり、恋愛にも似た興奮があるものです。

部屋の中でもお気に入りの場所があるとするならどこでしょうか?
それは丹念に手入れをした庭かもしれませんし、白いカーテンから差し込む光が美しい書斎かもしれません。

創造力をかきたてる場所は人それぞれですが、お気に入りの家具や本に囲まれて暮らす生活はおそらく多くの場合で心に平穏を与えてくれることでしょう。

例えば落ち着いた雰囲気のオリジナルの鏡はインテリアの調和をよりいっそう演出します。


オリエンタルなブラックのミラー



あまり主張をしない、密やかな美を持っています。鏡は毎日使うもの。使えば使うほどその美しさに気付くものです。
静かな生活の中で創造力をかきたててくれるオーダーメード鏡のことはどうぞ、お気軽にU-ARTS(ユーアーツ)へお問い合わせください。

店舗・美容室などの内装材としてモールディング

■店舗・美容室などの内装材としてモールディング■

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。
オーダーメイド鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)のスタッフ宮原です。

モールディングは天井と壁、床と壁などの境目や段差に施されます。
ヨーロッパのインテリアデザインの装飾にはかかせません。

通常、モールディング材はシンプルなものが多く、カラーやシャビー感を求める場合はご自身で加工を施すケースが多いと言います。

U-ARTS(ユーアーツ)の額縁はモールディング建材としてもお使いいただけます。

もちろん、額縁の構造になっておりますので「かかり」があります。

美容室、美容院、カフェやレストランなどの業務用で、鏡の位置を動かすことがない場合は、鏡を壁に接着した後にモールディングも同様に壁に固定します。

U-ARTS(ユーアーツ)のモールディングは多種多様なデザインやカラーを取り揃えておりますので、店舗の内装に合わせたものがお選びいただけます。

商品の額縁部分の見本サンプルを無料でお届け致します。

店舗・美容室などの内装材として使用するモールディングの実際の色や質感をお確かめ頂き、ご注文の際の参考に是非ご利用下さい。


アメリカンカフェを華やかにする大型ミラー

■アメリカンカフェを華やかにする大型ミラー■

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。

「アーリーアメリカン様式」をご存知でしょうか?
古き良きアメリカ、陽気で気さくなアメリカ人の文化がここにあります。

新天地アメリカに17世紀に本格的な移住が始まり、19世紀前半までのアメリカ開拓時代の建築様式です。いかにも活発で、古き良きアメリカの雰囲気持った、将来に希望と夢を描いた人々の息吹あふれる、生活が築き上げた建築様式です。

このアメリカン様式は、イギリスのジョージアン様式などが取り入れられ、ヨーロピアン風住宅が多く建てられました。また、家具などはコロニアル様式など故郷のヨーロッパの文化と融合されて新しい文化を生み出したのです。
19世紀後半には、フランスのプロヴァンス、スパニッシュ家具などが、アメリカン化されて定着しました。移民として大陸に渡り、アメリカンドリームを成し遂げて、成功しても、やはり忘れがたきは故郷。その住む家にしても、インテリアにしても、ダイニングやリビングにしても、大型ミラーを取り付け、ふるさとのヨーロッパの家と同じインテリアにして、故郷や家族を思った事でしょう。

この頃の様式を総じて、アーリーアメリカンと呼んでいます。
アメリカ人が最も輝いた時代です。美しきアメリカの象徴ではないでしょうか。
こんなアーリーアメリカンな雰囲気をかもし出したお洒落なアメリカンカフェにいかれたことはありますか?私は、カフェオレを飲むために時々いきます。
そのカフェにいつも鏡をおいたら、もっと素敵なインテリアになるのに・・・と思っています。

お勧めは太めのブラウンフレームの壁掛けミラー

シンプルですが、どんなインテリアにもあるこの鏡、ぜひ、アメリカンに染めてあげて欲しいと思っています。

古き良きアメリカンコーヒーをもう一杯。


壁掛け額縁・鏡縁の取り付けにハングマン金具

■壁掛け額縁・鏡縁の取り付けにハングマン金具■

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。


お客様でも簡単に鏡縁の取り付けが出来る魔法の「ハングマン金具」
大切な、お気に入りの鏡の取り付けには本当に気を使いますよね、でも早くて、簡単、綺麗に付けられる三拍子揃った額縁の壁掛けシステム『ハングマン』が有るのです。鏡を取り付けるだけで業者を呼ぶのはちょっと抵抗がありますね。そんなときにぜひ活用してください。

鏡の取り付けで大事なことは「水平を保つ事」です。でも水平器なんか一般家庭にはなかなかありませんね。しかし「ハングマン金具」には金具そのものに水平器が付いています。

あらかじめ取り付けられた水平器(取り外し可能)のおかげで、金具の取り付けに不慣れな、初めて取り付けるお客様でも簡単に、まっすぐ水平に鏡を壁に取り付けることが出来ます。

金具は軽くて、耐久性の高いアルミ製です。重量のある額縁もしっかりとホールドします。

1.額縁の裏に付属の短いネジを使って、金具を取り付けます。最初に錐などで浅い穴を開けておくとネジが簡単に綺麗に入って行きます。

2.付属の長いネジ(ウォールドッグ)で壁に金具を取り付けます。付属の水平器は金具の溝に入れておきます。まず、いずれか一方の端をネジで留め、水平を確認してから、反対側の端のネジを留めます。

3.額縁側の金具を壁側の金具に引っ掛けます。簡単ですね。もう出来ちゃいました。

大型の鏡の場合、紐やハングマンなど引っ掛ける方法では、本体や壁面を傷める原因に成ります。また、外れた時は怪我などの事故につながる恐れがございます。付属のゴム足を使用し、立て掛ける方法でご使用ください。
ゴム足は床を傷つける心配もありませんし、滑り止めの効果もあります。また、安全にご使用頂くために、できるだけ転倒防止対策も併用してください。

ゴム足の取り付けは、商品の枠へ付属のネジで固定するだけです。
本当に簡単です。また、このゴム足は全商品に付属しております。

壁掛け額縁・鏡縁の取り付けのハングマン金具、オーダーメイド鏡のことはお気軽にU-ARTS(ユーアーツ)へお気軽にお問い合わせください。

迷彩好きのあなたにぴったりの迷彩風グリーンミラー

■迷彩好きのあなたにぴったりの迷彩風グリーンミラー■

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)のスタッフの宮原です。

大阪人と言えば豹柄。
そうイメージされる方も多いかと思います。

豹柄だけではありません…
私の周りでは迷彩柄が流行っています。
先日、迷彩柄の好きなお客様がいらっしゃいました。

その方は、お財布から、ボストンバッグ、携帯ケース(iPhone4sケース)すべてが迷彩柄でした。
カモフラージュ柄とも呼ばれています。
確かに、本来の目的は戦闘時のカモフラージュです。

洋服も迷彩柄でした。
不思議と綺麗に着こなしていました。
ベタなかんじではなく、お洒落で素敵だったので驚きました。

私もいつの日か迷彩柄を着こなしたいのですが、まだまだ手が出せません

迷彩柄はお子様のおもちゃなどにも使われているようです。
キャンプ用品が夏には多く売りだされますが、ドーム型テントにも迷彩柄が多く見かけられます。

ミラーだって負けていません。

迷彩好きにはたまらない迷彩風グリーンミラーをご用意しております。

インテリアに迷彩柄、意外に思われるかもしれません。
しかし野性的なイメージを演出したい、自衛隊や海外の軍隊、ミリタリーグッズ好きにはたまらない姿見です。
男性的なワイルドなインテリアに迷彩柄を取り入れてみてはいかがでしょうか。

オーダーメイド鏡の専門店、U-ARTS(ユーアーツ)までお気軽にお問い合わせくださいませ。


洗面所の鏡についたウロコ汚れ・水垢の掃除

■洗面所の鏡についたウロコ汚れ・水垢の掃除■

オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。
この冬、静まりかえった平野湖の湖面に映る逆さ富士山を見ました。
富士は真っ青な空に堂々と白い雪に包まれた姿を真冬の鏡のような湖面に映し込んでいました。
けがれのない白無垢の富士と空と湖の風景に吸い込まれて行くようでした。

そんな鏡の様な湖面が濁っていたら如何でしょうか、神秘的な風景も詩心もどこかに飛んで行ってしまいます。あなたの大切な鏡は曇っていませんか?

鏡の水垢(ウロコ汚れ)の洗浄方法です。
お風呂で使っている鏡、白く濁ってしまいませんか。この汚れをウロコ汚れ(水垢)と言います。

このうろこ汚れの主成分は「石灰分」で、水分に含まれる「石灰分」が少しづつ張り付いて出来たものです。硬くて厚い結晶でガラスに張り付いていて、大変に落としにくいものです。

お手入れの方法ですが、効果があると思って使っているものが逆に悪化させるということもありますので、十分に注意してください。

・キズを付ける→ クレンザー、サンドペーパー、ワイヤーブラシ、軽石、砥石
・油分を付ける→お風呂洗剤、シャンプー、ボディソープ、ガラスクリーナー

絶対に使用してはいけないもの
・使用禁止 →主にトイレの酸性洗剤 

酸性洗剤は鏡や枠のステンレスが薬焼けを起こします。絶対に利用しないでください。

・あまり効果がないもの→ カビ取り剤、歯磨き粉、お酢、ティーパック、アルコール
・効果が弱いもの→ 重曹、クエン酸(一度や二度では全く効果ありません)

では、何が一番効果的かというと、専用のクレンザーです。
「石灰分」軟らかくして、こするだけで落とせるものなどもございます。

鏡をご注文の際にもお手入れについてはきちんとご説明させていただきますので、ご安心ください。

オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)では様々なデザインのオーダーメイド鏡をご用意しております。
是非オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)までお問い合わせください。

鏡の国のアリスに憧れて…オーダーメイド鏡

■鏡の国のアリスに憧れて…オーダーメイド鏡■

いつもブログをお読みいただき誠にありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。

鏡に関係する幻想的なお話がたくさんあります。

子猫のキティにアリスが話しかけます。
「お前がお喋りしないで、じっと私の話を聞いているなら鏡の家の事をみんな話して上げる」
「今、あそこに見えている部屋はうちの客間とまったく同じ様に見えるけど、本当はみんなあべこべの世界なのよ」「ねぇキティ、あなた、あの部屋で暮らしたいと思う?」

こんな風にお話が進んでいきます。アリスの鏡の中の世界では、本の文字が反対になっていたり、はるかな丘をめざして歩いていたはずなのに、いつのまにか元の位置に戻ってしまったりします。

あの部屋とは暖炉の上の鏡に映っているアリスの家の部屋でした。
世界を鏡に映し見て、鏡に映る世界を本物としてアリスは子猫のキティと冒険の旅に出たのです。

この物語の全体のモチーフはチェスの駒です。
旅の先々で出会う動物達は実はチェスの駒なのです。ライオンもユニコーンも赤の女王も・・。大地を小川で区切り、チェス盤にして、その上をアリスと子猫のキティが駒となって進んでいくのです。

この鏡の国のアリスは、イギリスの伝統的な家庭をロケーションとして、ルイス・キャロルによって書かれました。

このように大変上手に鏡の描写をしたルイス・キャロルの家にも、きっと暖炉の上に大きな鏡が取り付けてあったのではないでしょうか?
これは、おとぎ話見たいなロケーションですが、イギリスの伝統的なジョージアン様式の建築方法です。その高い技術とクオリティはヨーロッパの王侯貴族に、今もその価値を認められています。
豪華な鏡もインテリアの一部して重宝されたのでしょう。

暖炉の上の大きな鏡は王侯貴族の生活様式、真似することは難しいかもしれませんが、一つの鏡で今までのお部屋の雰囲気が、全く違うものになるかもしれません。



個性的な鏡をお探しならオーダーメイドのカジュアルミラー

■個性的な鏡をお探しならオーダーメイドのカジュアルミラー■

ブログをお読みいただきありがとうございます。
オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)のスタッフの宮原です。

インテリア先進国の欧州諸国の部屋のイメージはどういったものでしょうか?
ゴージャスで貴族の様なドレッサーに溢れる洋服、ドレス、シャンデリア、レースカーテン、凝った壁紙…
様々なイメージをお持ちだと思います。

華やかさとは別に古き良きものを愛する心も欧州にはあります。

昔ながらの建築物や家に住む欧州人の暮らしはカジュアルでいてシンプル、それでいてどこが華のある生活模様です。

現代の日本は物を捨てながら暮らす文化になりつつあります。
住宅の耐久性もイギリスは約75年、日本は約26年程度だと言われています。

消費を何不自由なく行っている日本。
生活は便利になりましたが、同時に無駄が生み出されていることを忘れてはなりません。

物を足してゆく欧州の生活に学ぶべきことがあるように感じます。

欧州の家庭に華があるのはインテリアを大昔から代々家族で受け継いできたことにあります。
骨董品やステンドガラスなど、町並みごと過去からタイムマシンで運んできた感すらあります。

欧州のようにカジュアルでいてシンプルな暮らしに憧れるお客様が最近増えつつあるのも、そういった「ものを大切にする」文化への関心の高まりに比例しているのかもしれません。

ずっと大切にするのなら、他にない個性的な鏡を求めたい…そう考えることは自然です。
日本だけでなくカジュアルミラーの習慣は今や世界に広がっています。
各家庭のデザインは千差万別、百人いれば百通りのデザインがあります。
個性的な鏡をお探しならばオーダーメイドのカジュアルミラーをお求め下さい。

鏡のサイズ、お好きなカジュアルフレームを自由に選ぶことが可能です。
マンションなどの簡素な空間を彩る個性的でオーダーメイドなカジュアルミラーにご興味のある方は是非、オーダーメイド鏡の専門店、U-ARTS(ユーアーツ)迄、お気軽にお問い合わせくださいませ。


自然素材の暮らしにナチュラルな壁掛け鏡

■自然素材の暮らしにナチュラルな壁掛け鏡■

オーダーメード鏡販売のU-ARTS(ユーアーツ)の宮原です。

最近はやっているのが、オーガニックやナチュラルテイストといったインテリアですね。
天然・環境配慮素材のインテリア家具でまとめたシンプルなインテリアです。

特にお子様の健康を意識されているお客様には、肌に触れるタオルや寝具などをオーガニック素材のコットンなど無農薬を意識されているお客様も多いです。

ナチュラルテイストな部屋に合う木地の鏡の詳細はこちらです

そんな自然素材にこだわられるお客様におすすめなのが、ナチュラルな壁掛け鏡です。
カントリー調のやさしい素材の鏡は、エコにこだわるお客様に大人気です。

また、ナチュラルテイストのインテリアにこだわる方の多くが、家具も特注されているようですね。当店の鏡もオリジナルのサイズで発注できるので、自然素材の家具の仲間にいれてあげてください。

きっと、しっくりとなじむこと間違いなし。
悩んでらっしゃる方は一度、ご相談ください。

商品の額縁部分の見本サンプルを無料でお届け致します。実際の色や質感をお確かめ頂き、ご注文の際の参考にご利用下さい。オーダーメイド鏡のことはどうぞ、U-ARTS(ユーアーツ)にお気軽にお問い合わせください。

サンプルあります!来店大歓迎 お電話でのお問い合わせは06-6631-5600 10:00~20:00土日祝も営業!メールでのお問い合わせはこちらから

フィード